あきらめないで!毛孔性苔癬で悩む人を応援するサイト

メディカルエステのWピーリングで、毛孔性苔癬を解決!

HOME

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)を治したい!

皆さんは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚疾患をご存じでしょうか?」

毛孔性苔癬の治療方法痒くも痛くもなく、理由も思い当たらない…のに、二の腕や太ももに赤いブツブツがある。なんとも見栄えが悪くて嫌だなと思ってしまうその症状、「毛孔性苔癬」かもしれません!

「毛孔性苔癬」は一般的にはあまり知られておらず、実はこれに悩まされていたという人でも病院へ行ってなければ病名もわからないままいつの間にか治ってしまった、ということも多い皮膚病の一種です。

自覚症状は皮膚の一部が赤くブツブツしているというだけ、ただし左右対称に発赤・発疹が出る場合が多いのが特徴です。服を着る冬場はあまり気にならないのですが、肌が露出する夏場は、見栄えが悪く特に美肌を気にする女性には誰にも見られたくない程のコンプレックスとなります。

実は、この赤いブツブツは毛穴に角質が詰まり角栓が出てきたものだそうです。

ニキビにも似ていますがニキビは毛穴に汚れや皮脂が詰まって炎症を起こしている状態で、「毛孔性苔癬」は痛みが出ないので自分でも違いが分かります。服などに擦れて赤く炎症起こし、さらに乾燥も引き起こすのでざらざらとした肌感になります。

「毛孔性苔癬」は小児期に発症し思春期でピークを向かえ20代~30代で落ち着く傾向にありますが、一番見た目を気にする思春期や若いころに症状が表れるので皮膚科を受診してわかることが多いようです。

見栄えが悪いというだけで健康上の問題があるわけではなく原因もはっきりとはわかっていないので根治の方法はありません。病院へ行っても角質を溶かす薬などで症状を緩和することしかできません。

でもやっぱり見た目的にも、気になる部分は極力治したいところです。

私自身、毛孔性苔癬によって高校から20代まで悩み続け、二の腕のブツブツを過度に気にしてしまい、青春時代を棒に振ってしまった部分があります。

だって、見た目に気味が悪いのは事実ですし…二の腕があんなでは夏場に好きな服を着ることも出来ません。本人にとっては「たかが見た目だけ…」と片付けられるような問題ではないのです!!

皆さんの中に毛孔性苔癬にお悩みの方がいらっしゃるのなら、是非とも当サイトをご参考の上で早期治療をして頂きたいと思います!

毛孔性苔癬の治療方法とは?

審美的に大きなデメリットを伴う毛孔性苔癬ですが、もちろん治す方法はあります。

世間ではレーザー・ダーマローラーといったリスクを伴う施術を奨励する人も多くいるようですが、メディカルエステのWピーリングという技術が最も安全に毛孔性苔癬をケアできる手法だと言われています。

「私がWピーリングを受けたのはメディカルエステのクリニカルサロン・シーズ・ラボ!」

毛孔性苔癬の治療方法「シーズ・ラボ」シーズ・ラボといえば、メディカルコスメで有名な化粧品会社のドクター・シーラボを展開している会社のグループということもあって信頼性は抜群です。

ジーズ・ラボの行っている毛孔性苔癬施術はAHAピーリングとクリスタルピーリングを組み合わせた全く新しい施術で、肌の代謝をアップしつつ古い角質を一気に落とすことが出来るというもの。

それに加えてメディカルイオン導入を行い、肌質に合わせた栄養分を浸透、炎症のある人にはビタミンC、色素沈着が見られればハイドロキノン、乾燥肌にはプラセンタなど個々人にとって最も必要な栄養を充填してくれるのです!

ジーズ・ラボの行っている毛孔性苔癬治療

大手化粧品会社であり、シロノクリニックの医師と提携したメディカルエステのシーズ・ラボだからこそ可能になる充実のケアで悩みはきっと解消できます。

このWピーリングならば、難治性の疾患として知られる毛孔性苔癬であっても徐々に改善していくこと間違いなし。私自身も、この方法で綺麗な二の腕を実現しています。

私たち女性にとって、美容は人生の中で特に重要な問題の1つ!

メディカルエステで大きな悩みの種となる毛孔性苔癬を解消して、明るい人生を取り戻しましょう。

>>毛孔性苔癬はメディカルエステで解決!

 
あきらめないで!毛孔性苔癬で悩む人を応援するサイト